塾ノーバス-松戸校

授業中にたまにするお話 過去編

松戸校講師の芹川です。


今日は前に書いた「授業中にたまにするお話」の続きです。
この記事は、9月26日現在「松戸校の役に立ったページランキング」の第3位になっています。自分が書いたものに多くの人が興味を持ってくださり、嬉しいです。さて、今日はそのお話の過去編ということで、自分の得意科目である「生物」の歴史を交えて書きたいと思います。前回の内容と重複するところもあるのでもう一度「授業中にたまにするお話」を読み返すことをおすすめします。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


さて、メンデルから始まった遺伝学は長年の研究により、今日の遺伝子組換え技術まで発展しました。その是非はともかく、その発展の主役はまぎれもなく、生物の遺伝情報を担うDNA(デオキシリボ核酸)と呼ばれる物質にほかなりません。この内容は最近では中学生でも扱う内容です。

では、そのDNAはどのような「かたち」をしているのか。この答えは高校で扱う内容です。それはかつて科学者をはじめとする多くの人の関心を集め、しかし彼らの英知と膨大な時間を持ってしても答えを導きだすことは困難でした.


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


「2重螺旋構造」

2つの相補なDNA鎖が互いに絡み合い、そして螺旋を描く。世紀の発見とも言われるその答えは2人の科学者によって導かれました。誰もがその発見の偉大さを認め(2人はノーベル賞を受賞しています)、それ以上に生物が持つ美しさに魅了されました。なぜ、その2人は多くの科学者が挑んでは破れていった難問を解き明かすことができたのか。他の多くの科学者が関心を持ちました。それは彼らの聡明な頭脳と洗練された実験手法によるところがもちろん大きいのですが、その1人曰く。

「実に簡単なこと。目、耳、手、足。生物にとって大切なものは2つあり。対をなしている」

過去の人の話なので本当に言ったかかどうかわかりませんが、しかし説得力のある言葉です。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


「考える力こそが勉強に大切な力だ」

このフレーズはだれもが聞いたことがあり、聞き飽きたことでしょう。確かにそのとおりなのでしょうが、考えることだけが勉強に必要なことなのでしょうか。その大切な物には対をなす相方はいないのでしょうか。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


私が思う「考える力」。
それは物事のひとつひとつの意味を理解し、それを並べ新たな発見に至る力です。帰納法とも呼ばれるその方法は、砂を少しずつ積み重ねて下から城を作る方法に似ています。

しかし、城を上から作る方法もあります。大雑把に目標に立て、後に修正を加えて達成する。この演繹法こそが考える力と対をなす、勉強に大切な力だと思います。それはどのような力か。砂が入ったバケツを引っくり返し、余計な部分を削り城を築く。このとき必要なことは細部にとらわれないことです。バケツをひっくり返す前にで門の形、城内の構造にこだわっていてはこの方法は使えません。それよりも、とにかく目標に向かって突き進むことが必要であり、ある意味「鈍い」ことが求められます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


「考える力」がある人のことを「鋭い」と形容することがあります。しかし、勉強においてすべてを理解するには「鋭さ」だけではカバーできません。なぜならその「鋭さ」を超え、疑問点が出てきたときに立ち止まってしまうからです。そのような場合、多少の疑問点はおいて、とりあえず突き進むことも大事です。そしてそのとき、必要とされるのは「鋭さ」ではなく「鈍さ」です。


今まで,塾の講師として短いとは言えない時間を過ごしました。いわゆる勉強ができる人というのは「鋭さ」よりもむしろ良いい意味での「鈍さ」を持っていたように思います。逆に、勉強が苦手な人は物事を「鋭く」考えすぎてしまい、結果諦めてしまう傾向がありました。立派な城が築かれるのは「鋭さ」と「鈍さ」が互いに絡み合い、美しい螺旋を描くときだと思い、あの記事を書きました。


何かの参考になれば幸いです。

松戸校日記 [2012-09-27]

<< 次のページ 前のページ >> 一覧を表示

入塾金無料キャンペーン

本物個別の春期講習(私のわからない所だけ、勉強できる授業)

今やるべき内容を勉強できる授業

1対1だからできる、Wくりかえし学習

顧客満足度3冠の理由

1対1なのに低価格

重要なお知らせ

生徒対象の入試説明会

お知らせ画像

前期試験まで2週間です。 志望校合格を目指し日々の勉強を頑張っている生徒が増えてまいりましたが、「もっと早くから受験勉強を始めればよかった」「中学1・2年の内申点がこんなに重要だと知らなかった」と焦る姿が多く見受けられます。 そこで、松戸校では来年度に受験を控えております、新中学3年生(新中学2年生)の生徒...

[2020-01-26]

最近のお知らせ

英語の学習

お知らせ画像

昨日は千葉県公立前期試験の発表日でした。合格した子は嬉しそうに報告してくれましたし、不合格だった子は悔しそうに、後期頑張るんだと言っておりました。子どもたちに言わせると、数学が難しく、英語の作文量が増えてイヤだったそうです。英語は今まで英作文が20語程度で書くところを20語以上30語以下で書くようにと、少し書く量が増量...

[2020-02-20]

お問い合わせについて

お知らせ画像

お世話になっております。個別指導塾ノーバス松戸校でございます。この度、当塾のHPや塾比較サイト等やお電話にて本当にありがたいことに、多くの保護者様から資料や入塾へのお問合せを頂いております。勉強の仕方、勉強の習慣、ヤル気、苦手科目、テスト対策、受験等々生徒には生徒の、保護者様には保護者様の悩みや不安がそれぞれにあり、解...

[2020-02-20]

新指導要領2

お知らせ画像

今まで何度も何度も改訂をされてきた「教育指導要領」…今回は算数・数学について。これまたすごい。何と、中学校1年生で素因数分解をやるのだそうです。というのも、今まで「素数」を小5で習っていたのですが、それが中1で習うようになります。じゃあ小5の素数の空いた部分で何をやるのか「速さ」です。小6から移ってきます。こんなにあち...

[2020-02-14]

お知らせ一覧

RSS1.0RSS-更新情報

塾長紹介

執行勇樹(右) 
塾長代理:小林 充(左)塾長画像
個別指導塾ノーバス
松戸校

塾長 執行勇樹(右)
塾長代理:小林 充(左)

基本情報

271-0091
千葉県松戸市本町23-5土屋ビル3F

047-330-2900

カレンダー

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

<< >>

トピックス

  • 本物個別の春期講習
  • 今やるべき内容を勉強できる
  • 私立中高学校情報ガイド
  • 本当の個別指導塾とは?

携帯版松戸校

QRコード

お問い合わせ・資料請求

校舎一覧

  • 塾 東京
    • 塾 王子
    • 塾 荏原町 中延
    • 塾 馬込
    • 塾 西武柳沢
    • 塾 東久留米
    • 塾 小平
  • 塾 千葉
    • 塾 武蔵小杉
    • 塾 センター北
    • 塾 大船
  • 塾 埼玉
    • 塾 北浦和
    • 塾 南浦和
    • 塾 武蔵浦和
    • 塾 与野 上木崎
    • 塾 与野本町
    • 塾 越谷
    • 塾 北越谷
    • 塾 岩槻
    • 塾 大宮
  • 塾 千葉
    • 塾 松戸
    • 塾 稲毛
    • 塾 我孫子
    • 塾 幕張
    • 塾 京成大久保
  • 塾 栃木
    • 塾 宇都宮
    • 塾 宇都宮 県庁前通り
  • 塾 茨城
    • 塾 つくば学園の森
    • 塾 つくば大穂
    • 塾 つくば竹園
  • 塾 山梨
    • 塾 甲府
  • 塾 愛知
    • 塾 半田宮池
  • 塾 大阪
    • 塾 千林
  • 塾 熊本
    • 塾 尾ノ上

資料請求

ページ上部へ戻る

個別指導塾ノーバス

  • お電話でのお問い合わせ:0120-546-634
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料体験授業